料理酒 灰持酒

料理の手引き

ご使用時のワンポイント

黒酒は、化学調味料や日本酒・味醂とは、使い方が変わります。

なぜならば、味を付けるのはなく、食材の持ち味を生かすために使用します。
(黒酒は、特に食材の持ち味を引き出す能力があります。食材の特徴をよく理解して、使用する分量を決めることが重要です。)

黒酒は火入れをしないので、酵素が活きていきます。

この持続している酵素を活かし、生タレやドレッシングの熟成に大いに活用できます。
肉や魚肉の品質改善、旨味改善に活用できます。
(注意:黒酒を暖かい場所に長時間置くと発酵してオリが発生することがあります。)
開封後は冷蔵庫に保管し、使用する量を小出しにしてください。

黒酒は調理課程で幾度かに分けて使用する場合があります。

食材の持ち味を引き出し、更に料理の仕上げに分けて使うと効果的です。
(他の調味液と混ぜないで、黒酒の単独で使用する方が良い結果が出ています。)

黒酒 料理の手引き

黒酒を使った基本調味料の作り方 黒酒を使った基本調味料の作り方[9.56MB] 高砂の峰 料理 高砂の峰 料理[8.00MB] 高砂の峰 料理 高砂の峰 料理[7.57MB]
酒ずしの作り方 酒ずしの作り方[589KB] 黒酒料理 黒酒料理[11.5MB] 黒酒料理 黒酒料理[8.62MB]
PDFファイルの閲覧について

PDFをご覧いただくには、Acrobat Reader が必要です。ご使用のコンピュータに「Adobe Reader」がインストールされていない場合は、無償配布の「Adobe Reader」を下記よりダウンロードしてください。

Adobe Reader
Adobe Readerダウンロード